歩け風塵日記

norioki.exblog.jp

日々是好日

交通信号の日

ウォーキングの思い出

さて、「遵菜(ジュンサイ)」は、古い沼や池に自生する水草で、水面に睡蓮に似た葉を浮かべる。梅雨頃、粘質に覆われた若芽や葉を食用にする。また、「睡蓮」は、スイレン科の植物の総称だが、沼や池に生育する淡性の水草で、地下茎を泥の中に伸ばし円形の葉を浮かべる。夏に赤、白、紫の美しい花をつける。夜は花を閉じるのでこの名がついた。ところで、今日は、交通信号の日である。1931年、東京・銀座や京橋などの交差点に、日本初の3色灯の自動交通信号機が設置された。

「江戸の諺遊び(10)」

「眼に入っても痛くない」

「眼に入っても痛くない」は、普通「眼に入れても痛くない」という。可愛いくてたまらない様。わが子や孫を盲愛する様をたとえていう。

世界の鳥 アフリカ南西部  「レンカクガリ

湖や沼地、川などの、流れのあまりない所に生息し」、浮き草の上で餌を探す。長い足指で浮き草の上をうまく歩き、水生昆虫やヤゴ、小さいカタツムリなどを捕食する。繫殖期には、近くに居る同種のつがいに対して空中から攻撃し、小さいテリトリーを激しく守る。ひなが孵化すると、侵入する他種の鳥に対しても、激しく攻撃する。草地や浮き草の上に営巣する
c0007122_04044146.jpg


# by norioki-mitani | 2017-08-20 04:19 | 見聞録

交通信号の日

ウォーキングの思い出さて、「遵菜(ジュンサイ)」は、古い沼や池に自生する水草で、水面に睡蓮に似た葉を浮かべる。梅雨頃、粘質に覆われた若芽や葉を食用にする。また、「睡蓮」は、スイレン科の植物の総称だが、沼や池に生育する淡性の水草で、地下茎を泥の中に伸ばし円形の葉を浮かべる。夏に赤、白、紫の美しい花をつける。夜は花を閉じるのでこの名がついた。ところで、今日は、交通信号の日である。1931年、東京・銀座や京橋などの交差点に、日本初の3色灯の自動交通信号機が設置された。「江戸の諺遊び(10)」「眼に入っても痛くない」「眼に入っても痛くない」は、普通「眼に入れても痛くない」という。可愛いくてたまらない様。わが子や孫を盲愛する様をたとえていう。世界の鳥 アフリカ南西部  「レンカクガリ」 湖や沼地、川などの、流れのあまりない所に生息し」、浮き草の上で餌を探す。長い足指で浮き草の上をうまく歩き、水生昆虫やヤゴ、小さいカタツムリなどを捕食する。繫殖期には、近くに居る同種のつがいに対して空中から攻撃し、小さいテリトリーを激しく守る。ひなが孵化すると、侵入する他種の鳥に対しても、激しく攻撃する。草地や浮き草の上に営巣する
c0007122_04044146.jpg


# by norioki-mitani | 2017-08-20 04:19 | 見聞録

高校野球記念日

ウォーキングの思い出


さて、気象用語に「海霧(じり)」という現象がある。海に立つ霧で、俗にいう「ガス」のこと。北海道東部の名物で、南風で運ばれた暖かい空気が、親潮寒流の上で冷やされて、濃霧が発生する。また、「白南風(しろはえ)」というのは、梅雨明け後の南東季節風のこと。「白」は空が明るく晴れ渡り、白い絹雲が流れる盛夏かの陽気を表している。ところで、今日は、高校野球記念日である。わが埼玉の代表、花咲徳栄高は第三回戦で前橋育英高との対戦となる。勝てばべすと8に残れるが、前橋育英の皆川149キロ 今大会最速の球速に対応できるか。1915年、第1回全国中等学校優勝野球大会の開会式が大阪の豊中球場で行われた。第10回から会場が甲子園球場となり、1948年、学制改革により全国高校野球選手権大会となった。「江戸の諺遊び(9)」

「日を延ばす職人・日切仕事」

今までの小噺と異なって、楽屋話の異色なものとして使われる。原稿締め切り日に四苦ハ苦するのは、今も昔もまた将来も、変わることは無かろう。

世界の鳥  オーストラリア南西部・南東部・南部      
     「ムナオビトサカゲリ」

牧場や農地などの、背の低い草が生えた開けた土地を好む。種子や葉、ミミズ、昆虫、クモなどを餌とするが、植物質の占める割合が大きい。繁殖は、雨季の後に行われることが多く、ウェスタンオーストラリアでは、雨季後の2週間以内に、つがいがテリトリーを作る。巣は浅く掘った穴で、雌雄で抱卵する。

# by norioki-mitani | 2017-08-18 04:23 | 見聞録

送り火

ウォーキングの思い出

さて、今日はすでにお盆明け、精霊流しの送り火の日である。「縮布(ちちじふ)」は、縮織のことで、織り方の技術によりしわを寄せた布地で、肌に添わないので清涼感があり、夏に好んで着用される。また、昔、「作り雨」という仕掛けがあり、屋根などから水郷水を庭にしたたらせて涼を得るもの。今でも料亭などで行われている。ところで、今日は、女子大生の日である。1913(大正2)年、東北帝国大学(現在の東北大学)が女子受験生3人の合格を発表し、日本初の女子大生が誕生した。

「江戸の諺遊び(8)」
「大金振り回す人」

こんな人は、あまりいい気になっていると、家が傾くであろう。

世界の鳥  エイオピアからタンザニアを通ってアフリカ
南部、マダガスカル   「ミスジチドリ」

主に、内陸の淡水湖や川に沿った砂利、泥地に生息する。陸生、水生の昆虫やその幼虫、ミミズなどが餌の中心となる。つがいで水辺に沿ってテリトリーを作るが、巣の周辺とえさ場の2か所に作ることもある。巣は、砂地や泥地のちょっとしたくぼみに、小石や植物の破片で作る。めすは最初のひなが完全に巣立ちする前に、次の産卵に入る。
c0007122_04161053.jpg


# by norioki-mitani | 2017-08-16 04:17 | 見聞録

お盆

ウォーキングの思い出 


さて、夏の涼み台で「竹牀几(たけしょうぎ)」がある。竹で作った長椅子のような縁台であ、何人かが同時にかけられる長い腰かけで、夕涼みに冷やりとした感触を楽しむ。また、「竹夫人」なるものも、竹や籐を筒形に編んだもので、寝苦しい夏の夜に、抱きかかえて寝ると涼しいため愛用された。ところで、今日は、専売特許の日である。1885(明治18)年、日本初の専売特許が交付された。特許第1号は、堀田瑞松のサビ止め塗料とその塗り方だった。

「江戸の諺遊び(7)」

「顔の広い人・胸の狭い人」

「胸の狭い人」は、心が狭い、度量が小さい人のことで、「顔が広い人」と対照的になっている。

世界の鳥 アラスカ、カナダ北部で繁殖し、北アメリカ南部、南アメリカの沿岸で越冬。
    「ミズカキチドリ」

ハジロチドリとよく似ていて、同種とすることもあるが、足指の基部に水かきがある。淡水や干潟、海岸などに生息する。主にゴカイを餌としているが、ナメクジや昆虫、小型の甲殻類も食べる。足踏みして獲物を追い出す姿がよく見られる。巣は、まばらに草の生えた砂丘のくぼみに小石を集めて作られる。雌雄で抱卵し、ひなの面倒を見る。
c0007122_04495150.jpg


# by norioki-mitani | 2017-08-14 04:59 | 見聞録

太平洋横断の日

ウォーキングお思い出


さて、夏の花で目につくのは「百日紅(さるすべり)」は、ミソハギ科の落葉高木で、夏から秋にかけて、白や桃色の花をつける。樹皮が滑らかで、猿でも滑り落ちるということから付いた名である。また、「茂」という言葉、勢いよく繁殖する夏の森林の、鬱蒼とした情景を表す。また、草が隙間なく密生するさまえおいう。ところで、今日は、太平洋横断の日である。1962(昭和37)年のこの日、堀江謙一さんが小型ヨット「マーメイド号」で日本人初の太平洋単独横断に成功した。

「江戸の諺遊び(6)」

「眼面(まなこづら)のふし穴」

「目はふし穴」とは、見えるはずのものを見落としていることや、物事に対する洞察力がないこと。ふし穴(目)でふし穴を覗くとはなんともシュール。

世界の鳥  カナダ、アメリカ合衆国、メキシコ、ペルー、チリ北西部      「フタオビチドリ」

草がまばらに生えた、開けた土地に生息し、必ずしも近くに水辺がなくてもよい。甲虫やハエを中心とした昆虫を餌とするが、種子なども食べる。繁殖初期に、鳴きながら輪を描いて飛ぶが、その声が「キルディー」と聞えることから、英名がついた。草のほとんどない砂利に営巣し、雌雄で抱卵する。ひなは、約31日で巣立ちする。
c0007122_04320465.jpg


# by norioki-mitani | 2017-08-12 04:33 | 見聞録

道の日

ウォーキングの思い出


さて、「河鹿(かじか)」は、アオガエル科に属し、正式名はカジカガエルである。山地の湖や渓流に棲み、雄は鹿に似た声で鳴くことからこの名がついた。同音の魚の鰍は秋のもの。また、夏の昆虫といえば「兜虫」コガネムシ科の甲虫で、」艶のある漆黒の体と、雄は大きな角を持つ。初夏に成虫となり、夜間樹液のある木に集まる。子供に人気のある昆虫である。ところで、今日は、道の日である。1920(大正9)年、日本初の近代的な道路整備計画が実施されたことにちなんで、1986年(昭和61年)、建設省が制定。国民が道路の重要性を再認識し、関心を持つことを目的にしたもの

「江戸の諺遊び⑤」

「木で鼻をくくる」

「木で鼻くくる」は、相手からの相談や要求に対して、無愛想に振舞う、冷淡にあしらうこと。

世界の鳥 エジプト北部、アフリカのサハラ以南、マダガスカル            「ヒメチドリ」

海岸から高台まで生息するが、水辺の近くの、平らで開けた土地で主に見られる。餌は、昆虫やハエ、バッタ、蛾の幼虫などの昆虫とクモを主に食べている。一夫一婦で、巣と巣との間は少なくとも20m離れる。テリトリーは、おすによって守られ、砂地に、小石や植物を少し集めて巣が作られる。日中はめす、夜間はおすが抱卵する。他の鳥が近寄ると、それが立ち去るまで卵を巣材や砂で隠す。

# by norioki-mitani | 2017-08-10 03:56 | ウォーキング

そろばんの日

ウォーキングの思い出


さて、「驟雨(しゅうう)」という言葉がある。盛夏のにわか雨のこと。「夕立ち」とほとんど同義だが、時間的な制限がない。今は集中豪雨とか線状降雨帯とかで、水害も頻繁に起きている。今の気温は「辱暑(じょくしょ)と呼ぶ。湿度が高く蒸し暑いことを指す。特に梅雨の終わり頃の、じぅっ鳥として不快な暑さをいう。と事で、今日は、そろばんの日である。968(昭和43)年、全国珠算教育連盟が制定。そろばんの「パチパチ」という音を「8」「8」ともじって、8月8日とした。

「江戸の遊び諺④」

「目から鼻に抜ける人」

「目から鼻に抜ける」は、頭の回転が速くて抜け目のない様。昔大仏の目を修理した大工が、目をはめてから鼻から抜け出た利発さを入ったという説もある。

世界の鳥  南アメリカ北部・東部から南部 

  「ナンベイタゲリ」

内陸の湿地や沼地に生息するが、繁殖期には牧草地や川辺の草地で見られる。餌は、ほとんどバッタなどの昆虫、ミミズで占められる。テリトリーを作り、侵入者に対しては激しく鳴き、急降下を繰り返す。チリやブラジルでは、この鳥の翼を仮切りし、番犬代わりに使うこともある。ひなは、巣立ちまで1カ月以上かかる
c0007122_04225734.jpg


# by norioki-mitani | 2017-08-08 04:25 | 見聞録

広島平和記念日

ウォーキングの思い出


さて、たかむしろというのは、夏時に涼を呼ぶための敷物で、トウやガマを筵のように編んで作る。また、「滝殿」は、滝を見るために建てられた納涼用の建物。藤原時代からの建築様式である。ところで。今日は、広島平和記念日である。1945(昭和20)年、米軍のB29爆撃機エノラ・ゲイ号が、広島市上空で原子爆弾「リトルボーイ」を投下。毎年この日に、広島市では原爆慰霊碑の前で平和記念式典が行われる。

「江戸の諺遊び③」

「東海道を股にかける」

「股にかける」とは、広く各地を歩き回って活動すること。股ぐらに富士山を描く、大胆でしかもユーモラスな芳梅の挿絵がいい。

世界の鳥  地中海東部とアフリカ西部から東武
  「ツメバゲリ」

乾燥した土地に生息するが、水辺からは遠く離れない。主に昆虫、特に甲虫を好み、その成虫、幼虫を餌とするが、バッタやハエ、カエル、種子なども食べる。素早く数歩歩き、獲物を刺し殺す。テリトリーを作り、侵入してくる他種の鳥を激しく攻撃する。雌雄で抱卵、育雛するが、後に産んだ卵は、めすが抱卵し、おすが先に孵ったひなの面倒を見ることが多い。
c0007122_04100961.jpg


# by norioki-mitani | 2017-08-06 04:18 | 見聞録

広島平和記念日

ウォーキングの思い出さて、たかむしろというのは、夏時に涼を呼ぶための敷物で、トウやガマを筵のように編んで作る。また、「滝殿」は、滝を見るために建てられた納涼用の建物。藤原時代からの建築様式である。ところで。今日は、広島平和記念日である。1945(昭和20)年、米軍のB29爆撃機エノラ・ゲイ号が、広島市上空で原子爆弾「リトルボーイ」を投下。毎年この日に、広島市では原爆慰霊碑の前で平和記念式典が行われる。「江戸の諺遊び③」「東海道を股にかける」「股にかける」とは、広く各地を歩き回って活動すること。股ぐらに富士山を描く、大胆でしかもユーモラスな芳梅の挿絵がいい。世界の鳥  地中海東部とアフリカ西部から東武  「ツメバゲリ」乾燥した土地に生息するが、水辺からは遠く離れない。主に昆虫、特に甲虫を好み、その成虫、幼虫を餌とするが、バッタやハエ、カエル、種子なども食べる。素早く数歩歩き、獲物を刺し殺す。テリトリーを作り、侵入してくる他種の鳥を激しく攻撃する。雌雄で抱卵、育雛するが、後に産んだ卵は、めすが抱卵し、おすが先に孵ったひなの面倒を見ることが多い。
c0007122_04100961.jpg


# by norioki-mitani | 2017-08-06 04:18 | 見聞録

日々是好日


by norioki-mitani