世界難民の日

ウォーキングも思い出


さて、今の季節「心太(ところてん)」が旨い。天日にさえあしたテングサの煮汁をこして、型に流し固めた食品である。冷水で冷やしたあと、「心太突き」で突き出して紐状にし、醤油、酢などで味付けして食べる。また、「茄子の鴫焼(しぎやき)」は、新ナスを二つに割り、味醂を加えた味噌を乗せて焼き上げたもの。ケシの実んどを振りかけて食す。ところで、今日は、世界難民の日である。2000(平成12)年、国連が「アフリカ難民の日」を改称して制定。国際デーの一つ。

りんの玉 を女房急には 承知せず(破礼句)139.png

「そんなにいいものなのかい。何だか気味が悪いやね」などと承知しないことがあるのも、肥後ずいきほど効用がはっきりしていなかったからである。さて、そんな金属製の小さな玉を開底奥深く入れて、ちゃんと取り出せるものであろうか。

世界の鳥トウナンアジア、オーストラリア、ニューギニア、南太平洋の島々   「ナンヨウクイナ」

様々な水辺に生息する。湿地や池、河川から海辺まで見られる。昆虫や小魚、動物の死体、鳥のひな、海ガメの幼体、種子、果物など様々なものを食べる。水辺の周辺の草むらなどの地面に営巣するが、時に樹上や砂地でも産卵する。ひなは孵化するとすぐに巣を離れ、両親から世話を受けて成長する。
c0007122_03543864.jpg



by norioki-mitani | 2017-06-20 03:56 | 見聞録

日々是好日


by norioki-mitani